経済産業省は、技術やサービスの国際標準化に向けた体制を強化する。産業技術総合研究所に、分野横断的な標準化を担う「産総研標準開発センター」(仮称)を設置するもので、2020年度の予算要求に盛り込む方針。モノとサービスの融合が進み、従来標準原案の作成を担ってきた業界団体では対応できない事案が増えている。技術開発を成長に結びつけるために国際標準化の重要性は増しており、国として体制を厚くする。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る