欧州委員会のサステナブルファイナンスに関する技術専門家グループ(TEG)は、持続可能な事業活動の基準を定めた「タクソノミー」の最終提言を公表した。気候変動対策に有効とみなす範囲を明確にし、民間資金を持続可能な成長に実効のある領域に誘導する。化学産業では基礎化学品やプラスチックについて、温室効果ガス(GHG)の排出量の上限やバイオマスの利用などの条件があげられた。7月初旬にパブリックコメントを開始する。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る