改変T細胞でがんを攻撃する研究が進展している。この分野の先達であるノバルティスの「キムリア」は、白血病や悪性リンパ腫といった血液がんの患者の一部に高い効果をもたらす一方、患者自身の細胞を用いるためCAR-T細胞の製造に時間がかかるほか、固形がんに使えない点が課題として残る。武田薬品工業は京都大学やベンチャーと組んで2つの問題に同時に取り組む。このほか小野薬品工業、タカラバイオ、大塚製薬なども固形がんを狙った開発レースに名乗りを上げている。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る