小学生の頃、漢字練習の宿題が出て、ノートに何ページも漢字を書かされた。子供ごころに反発を感じ、人、山、川などの簡単な字をたくさん選んで書いたらやはり怒られた▼人という字は支え合ってできている、という有名な一説がある。なかなか上手い表現である。人は一人で生きているのではない。誰かに支えられ、結果としてみなが支え合って生きている。大人も事あるごとにこの字を思い出し、感謝の気持ち、謙虚な気持ち、思いやりの気持ちを忘れずにいたいものだ▼とくに、漢字を知らない大国の指導者に教えてあげたい。だから自国だけ保護してはダメですよと。ただこの字、見ようによっては右側が一方的に左側を支えているように見えなくもない。俺が左側で貴様は右側だ、などと反論されても困るので、調べてみた。▼すると、人の文字は立っている人間を真横から見たときの姿の象形文字からできていた。立っているというより、跳び箱を跳ぶ直前のような姿だ。「入」の方が原型に近い。そこで入を調べてみると、家の入り口の形だった。Vの字を逆さまにしたような形だ。「内」の字の人の部分も同じで、本来は入がふさわしい▼子供の教育は難しいが、こんなふうに習っていたならばら、もう少し漢字を覚えられたかも知れない。本日、世界こどもの日。(18・11・20)

新聞購読のご案内

PDF版のご案内

精留塔の最新記事もっと見る