新光商事は低消費電力・長距離伝送を特徴とする無線通信規格「LoRaWAN」を採用したIoT(モノのインターネット)ソリューションのラインアップを拡充する。すでに事業展開している鳥獣被害対策ソリューションに加え、今回新たに水道メーター検針システムを開発した。検針が困難な遠隔地に設置されている水道メーターを検針できるシステムで、2020年をめどに同ビジネスの具体化を目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る