新光商事は、今年から顔認証と音声認証からなる2段階の生体認証を組み込んだソリューションの提案を本格化する。米センサリー社が保有する技術を生かし、IoT(モノのインターネット)を活用することなく安全かつ低コストで生体認証ログインを実現するシステムを構築した。マンションの入退出管理や病院の受付システム、工場運用管理などへの利用を想定しており、今後国内の組み込み機器メーカーなどに対し訴求を行っていく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る