新日鉄住金マテリアルズは、タイで熱可塑性樹脂の特徴を持つマトリックスを用いた炭素繊維プリプレグ「NS―TEPreg(テプレグ)」の量産工場を立ち上げる。昨秋タイに第2工場を完工しており、需要動向を見据えつつ9月の稼働を見込む。NSテプレグは義肢装具や電子機器の筐体に採用されているほか、自動車やスポーツ用品などでも引き合いがある。人件費などに優位性のあるタイ拠点ではCFRP(炭素繊維強化プラスチック)のオートクレーブ成形も手がけており、量産拠点としてコンポジットビジネスを拡大していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る