【上海=但田洋平】中国のクロル・アルカリ大手、新疆中泰(集団)有限責任公司(新疆ウイグル自治区ウルムチ市)は、塩化ビニル樹脂(PVC)と紡績の2大事業で原料からの一貫体制の構築に乗り出す。約270億元(約4050億円)を投じて、来年央にも400万トンの石炭や重油を起点に、燃料油やカーバイド、高純度テレフタル酸(PTA)までを誘導する一体化プロジェクトの建設に着手する。石炭からポリオレフィンまでの石炭化学プロジェクト計画も掲げており、現地の豊富な石油天然ガス資源の高度利用を推進する。ポリブチレンテレフタレート(PBT)などの誘導品事業の拡張も指向している。続きは本紙で

120万トンのPTAは今秋完工予定

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る