- プラントメンテナンス業界の多忙が続いています。

 「18年度業績は売上高970億円、受注高1000億円を予想しており、期初計画よりも売上高20億円、受注高50億円上方修正した。19年度計画を現在固めているところだが、18年度を上回ると予想している。定修工事の数は変わらないが、高経年化や省エネ対応を目的とする改造・回収工事案件に勢いがある。新設案件もあると見ている。製造ラインの増設など10億円規模の案件を想定している」

 - 20年度は4年に1度の大定修年にあたります。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る