日弘ビックス(東京都千代田区)は、静岡工場(静岡県御前崎市)でマスターバッチ(MB)の生産能力を増強する。新しい建屋を完工しており、来年春の稼働開始を目指して製造設備の導入を進める。総投資額は7億円。需要増に対応するのと同時に、オレフィン系MBをはじめとする高付加価値品を生産しMB事業の収益力向上を目指す。生産ラインは自動化による省力化も想定。段階的な増強も視野に入れており、最終的に同社の生産能力は現行比で2~3割高まる見通し。

MBの生産能力を増強する静岡工場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る