日揮プラントイノベーション(JPI)は、設備管理サービスの高度化を進める。同社は経済産業省の委託事業として製油所の内面腐食予測モデル構築を行っている。実測データに損傷予測ロジックを組み合わせた高精度予測ロジックの開発を目的としたもので、実効性の高い検査計画策定を支援する。石油・石化業界で高シェアを持つ同社の設備管理システム「A-MIS」にこの成果を取り込むことで、作業者の経験に頼らない設備管理を実現する。日揮グループとして検討している次世代メンテナンスサービスにつなげていく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る