日新は、化学品・危険品物流事業の拡大へ向けた取り組みを加速する。2021年度(22年3月期)を最終年とする中期5カ年計画の期間内に横浜地区で危険品倉庫の建設に着手し、次期中計での業績貢献を目指す。アジアではASEAN(東南アジア諸国連合)地域における最大の自動車市場とされるインドネシアで構築した潤滑油輸送ネットワークを活用し、エリア、品目の拡大を図る。国内における貯蔵体制の拡充と成長市場のアジア地区での営業強化によってビジネスの拡大を進める。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る