日本アイリッヒは混合、造粒、混練、スラリー化を1台で実現する高機能材料向け高速撹拌混合機の新機種を開発した。反応タンク(混合パン)と、インペラとなるロータ工具が同時に逆回転するうえ、最大30度まで傾斜ができ、多用途対応を可能にしている。今回、研究開発および小ロット生産向けに5リットルのタンク容量をもつ新機種を投入。優れたコンタミ抑制の機能により高機能化学品、ファインケミカル品、食品、医薬品などをターゲットに市場展開に入る。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る