日本アグフアマテリアルズ(東京都品川区)は、スクリーン印刷用の導電性インキを拡販する。ポリエチレンジオキシチオフェン(PEDOT)とポリスチレンスルフォン酸(PSS)の分散体を導電成分としたインキで、長時間の連続印刷でも安定した品質を実現するグレードを追加。自動車や白物家電のタッチスイッチの透明電極などの用途で、生産ラインの効率化に最適として提案する。日本では導電ポリマーの分散体の売り上げが大半を占めるなか、スクリーン印刷用途でも攻勢をかける。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る