日本アグフアマテリアルズ(東京都品川区)は、水素発生装置用の多孔質膜を提案する。アルカリ水電解向けの隔膜で、ポリフェニレンサルファイド(PPS)の支持体に酸化ジルコニウムを主成分とするコート剤を成膜。孔の径や分布の最適制御により、アスベストを使用する従来の隔膜に比べ低電圧で高収率を実現するとしている。電極に高価なレアメタルを使用する固体高分子形水電解より大型化もしやすい。今年中に新グレードの投入も予定し、水素社会の到来を見据えたニーズを掘り起こす構えだ。

写真は隔膜の断面図

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る