日本イーライリリーはラインアップに占めるがん分野の比重を増やす。数年前まで古いタイプの抗がん剤が中心だったが、胃がんなどに効くVEGF阻害剤「サイラムザ」に、昨年末発売の乳がん薬「ベージニオ」が加わり、分子標的薬がそろってきた。今年初頭に親会社の米イーライリリーが大型買収で取得した「臓器横断型」抗がん剤候補も、2020年代前半に日本市場へ投入する。続きは本紙で

 

昨年末発売した乳がん薬ベージニオ

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る