日本カーバイド工業は、木質建材向けに難燃剤を拡販する。紙や繊維分野で供給実績のある窒素系難燃剤の知見を応用展開するもの。木材メーカーなどのユーザーが木材に含浸させて評価したところ、従来の難燃剤で課題となっている白華現象の抑制を確認。一部ユーザーは不燃材料の認定を取得するなど、高い難燃性能も実現する。すでに複数ユーザーにスペックインしており、建築物の内装分野から先行して普及が始まる見通し。同社では構造、外装領域への展開も視野に入れる。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る