日本カーバイド工業は、国内の自動車ナンバープレート市場を開拓する。ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせてデザイン性をもたせたフィルムタイプの交付が始まり、図柄入りのご当地ナンバーも今秋に登場。塗装が主流だった国内市場が転換点を迎えている。同社は中国や欧州などにおける再帰反射シートで高いシェアを占めている。日本でもナンバープレート用フィルムシートと粘着剤の擦り合わせ技術で差別化し、需要を取り込んでいく構えだ。


東京五輪の特別仕様のナンバープレート

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る