- 2018年度も残り1カ月を切りました。

 「新製品は進展した。小型、薄型で高容量、高耐熱といった特徴を兼ね備えるチップ型セラミックス2次電池『エナセラ』シリーズはいよいよ事業化する。米国で開催された世界最大級の家電見本市でも好評を博した。まずはスマートカード向けで評価が進んでいるが、自動車関連メーカーからも関心が寄せられている。19年度後半には窒化ガリウム(GaN)ウエハーの出荷を予定している。超高輝度のレーザーや発光ダイオード(LED)の実現に寄与する素材で、プロジェクターの光源用などとして採用を働きかけている。紫外LED用マイクロレンズを含め水俣条約発効により規制される超高圧水銀ランプの代替製品向けに増加する需要を取り込んでいく」

 - さまざまな電池の研究開発に励んでいます。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る