日本コンセプト(東京都千代田区、松元孝義社長)は、ISOタンクコンテナの新造を前倒しで進める。今期(2018年12月期)の新規調達を期初計画の300基を大きく上回る700基規模に増量し、トータルの保有数を前期の7100基超から7800基に引き上げる。国内外で液体化学品の好調な荷動きが続いていることに加え、新たにスタートしたガス専用タンクコンテナ事業も戦力化していることから、先行投資により旺盛なニーズに迅速かつキメ細かく対応可能な事業体制を整える。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る