2本ロール型連続式混練機メーカーの日本コークス工業(東京都江東区豊洲、鹿毛和哉社長)は、研究開発向けに小型新機種を開発した。汎用プラスチックからスーパーエンプラまで機能性材料の開発競争が続くなか、少量の樹脂で研究開発が可能なバッチ式の新機種を実用化した。磁性材料、スーパーエンプラ、エポキシ樹脂、ガラス繊維強化プラスチックなど幅広い用途を対象に早期の市場投入を目指す。

バッチ式のため少量の樹脂量でテストが可能

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る