日本スペリア社は、堀内電機製作所(長野県上田市)と第一実業が開発したフラックスレスハンダ付けシステムの普及に乗り出す。青色レーザーでボールハンダを溶融し接合部へ吐出する新しい工法で、洗浄工程の削減、高い生産性、熱ダメージの軽減といった利点を兼ね備える。日本スペリア社は同システムに適合するハンダ材料を開発、同システムとのセット販売を行う。各種センサー、カメラモジュールなどのポイントハンダ付けに最適とみて売り込みを図る。

洗浄工程の削減、高い生産性などの利点を兼ね備える

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る