【バンコク=岩﨑淳一】日本バルカー工業は東南アジアで半導体製造装置向け製品を中核事業に育成する。2017年11月に設立したASEAN販売統括会社に高機能エラストマー製品に特化する営業部隊を設け、半導体市場を攻略する。シンガポールをはじめ好調な需要を取り込み、同産業関連を主力の石油精製・石油化学向けと肩を並べる事業規模へ拡大を目指す。グループ全体で重点を置く、製品(H=ハード)と周辺サービス(S)を併せたH&S事業の展開を域内でもさらに強化する方針で、メンテナンスなどの機能拡充を目的としたM&A(合併・買収)も視野に入れる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る