ライフサイエンス機器メーカー、米ポール・コーポレーションの日本法人、日本ポール(東京都新宿区)は、バイオ医薬品製造向け撹拌型細胞培養装置の新製品を市場投入した。シングルユースバイオリアクター・シリーズの最新機種として、新しく50リットルサイズを追加し、全4機種とした。新製品は効率的な撹拌に加えて、作業安全性の向上、操作性の改善などを実現し今後、製薬企業向けに本格的な市場攻勢をかけていく。続きは本紙で

コンパクトな50リットル型を追加。効率的な攪拌のほか、安全性や操作性を改善

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る