日本メクトロンは、フレキシブルプリント配線板(FPC)事業の基盤強化を進める。主力のスマートフォン用で海外での一貫生産体制を構築し、顧客要望が強い地産地消に切り替える。日本拠点は車載・産業用など他製品や高難度品、技術開発に注力する。5G(第5世代通信)や車載を注力分野と位置付け、モディファイドポリイミド(MPI)など高周波基板材料の開発も推進する。車載バッテリー用FPCなど戦略商品の拡大も進め、今期後半の黒字化、安定成長につなげていく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る