日本メクトロンは、高周波用FPC(フレキシブルプリント配線板)の市場開拓を進める。5G(第5世代通信)や次世代Wi-Fi、機器内配線、ADAS(先進運転支援システム)などのアンテナ基板やケーブル代替を狙う。伝送速度や距離などのさまざまな要求にモディファイドポリイミド(MPI)、液晶ポリマー(LCP)、厚膜LCPを展開し、高速伝送需要の全体を取り込む。顧客に合わせたカスタマイズ対応も進める。5Gスマートフォンや車載機器など端末側、基地局などインフラ側の両面を取り込み、2020年以降の本格普及を目指す。続きは本紙で

MPI・LCP・厚膜LCPの使い分けを提案する(写真はLCP-FPCの両面品)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る