日本の製薬業界とアジア各国・地域の間で、新たな創薬連携プロジェクトが動き出した。国内製薬企業が最新技術を提供し、アジアに豊富にある天然物から新薬を創出しようとしている。昨年末に立ち上げたオープンイノベーションの枠組み「APAC天然物創薬コンソーシアム(ANPDC)」をベースとした取り組みで、具体化の一貫として日本で研修生の受け入れも始まった。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る