4月20日午後1時15分から5時まで日本包装技術協会会議室(東京都中央区築地4-1-1東劇ビル10階)で開催する。定員は100人。プログラムは次の通り。
 ▽第1部=第222回生活者包装研究会「食品の異物混入苦情の現状と対応策について~食品事業者喫緊の課題を考えてみる~」(講師・日本食品衛生協会公益事業部食品衛生推進課技術参与・佐藤邦裕氏、鍛造社長・渡辺英世氏)▽第2部=第222回包装資材研究会「素材としての紙の特徴とその可能性」(同・日本製紙パッケージング・コミュニケーションセンター・野田貴治氏および内村元一氏)。
 参加費は会員が無料、一般は3240円(1部会、税込み)。問い合わせは日本包装技術協会(電話03-3543-1189)まで。(2018/3/26/7)

業界情報の最新記事もっと見る