日本化学工業は先端有機電子材料向け製品の大型投資を実行する。20億円を投じて、福島第2工場(福島県三春町)に新たな設備を設ける。4月末に着工しており、2018年度末の完成、19年度中の稼働を計画している。有機電子材料向け製品の設備投資は17年ぶり。先端有機電子材料の需要は世界的に拡大している。同社は拡大する需要を着実に取り込み将来の成長につなげる。20年度からの次期3カ年中期経営計画期間中に有機電子材料事業の売り上げを現状比で倍増させる方針。


福島第2工場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る