日本化薬は機能化学品事業で東南・南アジア市場に攻勢をかける。2月に機能化学品事業初の東南アジア拠点としてタイに現地法人を設立した。ASEAN(東南アジア諸国連合)、南アジア地域向けの販売拠点で、8月中にも営業を開始できる見込み。タイはもとより中国の染色加工メーカーが数多く進出しているベトナム、ミャンマーなどで繊維用合成染料の拡販を目指す。成長著しい東南アジア市場を積極的に取り込むことで、事業拡大につなげていく方針。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る