日本化薬はセイフティシステムズ(自動車安全部品)事業への積極投資を継続する。2019年3月期の設備投資額は前期比50億円増となる221億円を計画しており、約半分を同事業が占めるもよう。投資の詳細は公表していないが、中国拠点で土地拡張に乗り出すなど国内外で生産増につなげる。豊田合成との資本提携も追い風に、カーナビのディスプレイ用フィルムなど他分野でのシナジーも目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る