- 足元の事業環境は。

 「昨年末から年明けにかけて不透明感が強くなってきた。米中貿易摩擦の影響は、半導体需要に左右される機能化学品事業のエポキシ樹脂でこれから出てくるかもしれないが、はっきりとは読めない。直近で影響が大きいのは中国の環境規制強化による原材料価格の上昇と供給不足だ。とくに機能化学品事業の感熱紙用顕色剤はインターネット通信販売の利用拡大でラベル印刷などの需要が伸びているが、原料不足が懸念されている。これを解決するため、原料ソース多様化を進めている」

 - セイフティシステムズ事業の米中貿易摩擦は。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る