6月19、20日、北九州市の北九州国際会議場で「第57回年次大会」を開催。大林組技術研究所の栗田康平氏が「エポキシ樹脂を用いた既存不適格建築物の耐震補強工法の紹介」、九州大学先端物質研究所の高原淳氏が「放射光X線散乱・分光のソフトマテリアルの構造・物性解析への応用」をテーマに特別講演を行うほか、学会賞・技術賞・奨励賞の受賞講演、口頭発表40件、ポスター発表62件が行われる。
 予約申し込みは同会ホームページから。税込み予約参加登録料(要旨集・送料込み)は一般(会員)1万円、同(非会員)1万3000円、学生(会員)3000円、同(非会員)3500円、シルバー会員(65歳以上)3000円。予約懇親会費は一般6500円、学生・シルバー会員3000円。5月17日締め切りで、以降は当日参加登録となる。問い合わせは同会年次大会係(電話06-6634-8866)。(2019・5・8・3)

業界情報の最新記事もっと見る