日本曹達は半導体フォトレジスト材料「VPポリマー」の増産体制を構築した。千葉工場(千葉県市原市)内での製造設備増強が完了。すでに新生産ラインで試作品の製造を開始しており、現在は顧客からの品質評価を受けている段階。顧客からの最終承認を取得でき次第、本格生産を開始する。生産能力は従来比1・5倍に拡大した。VPポリマーは半導体用KrF(フッ化クリプトン)エキシマレーザー向けフォトレジストポリマーで、3D―NANDの普及により需要が高まっている。同社はいち早く増産体制を整えることで事業の拡大につなげる。

増強が完了した千葉工場(市原市)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る