日本石油輸送(JOT)は将来を見据えた事業基盤の強化に取り組む。グループ会社でローリー輸送などを手掛けるエネックスでドライバーを積極的に採用しているほか、車両についても石油ローリー、LNG(液化天然ガス)ローリーそれぞれの増強を進めている。物流業界における労働力不足が深刻化するなか、乗務員の確保や車両の増強などへ向けて運賃の値上げも要請しており、引き続き乗務員の教育も強化していく方針で、安定的に質の高い輸送サービスの提供により持続的な成長を目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る