日本色材工業研究所は、年内にもつくば工場(茨城県)の第3期拡張工事に着手し、来年9月の竣工を目指すことを決めた。現在、詳細設計の最終段階に入っており、概要がまとまった段階で投資金額なども含めて公表する予定。国内化粧品のインバウンド、アウトバウンド需要の拡大に対応するもので、当初計画通りバルク製造設備を新たに導入し、バルクから最終製品までを一貫製造できる工場とし、国内生産能力を全体で1・5倍超まで引き上げる予定。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る