日本触媒は、東京医科歯科大学発ベンチャーで独自の核酸医薬技術を持つレナセラピューティクス(東京都千代田区)の株式を追加取得し連結子会社化した。同社が創薬基盤技術とするヘテロ2本鎖核酸(HDO)は標的への攻撃能力などが高いとされ、次世代の核酸医薬として期待されている。日本触媒は新規事業として、中分子医薬品事業の育成に力を入れている。レナセラピューティクスとの協力関係強化によりHDOの実用化を後押しするとともに、核酸医薬を中心とした原薬の受託製造(CMO)事業の拡大につなげていく考え。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る