日本触媒は、核酸医薬品を中心とする中分子医薬原薬の開発・製造受託(CDMO)事業で提供するサービスの幅を広げる。大阪府吹田市の拠点に少量多品種を同時に合成できるサンプル品用の製造装置を導入し、創薬研究の初期段階から請け負う体制を整備。保有する非臨床用や医薬品製造・品質管理基準であるGMP対応の製造設備や分析装置とあわせ、探索研究から商用まで一貫したサポートで商機を獲得する狙い。生体内安定性に優れた核酸や、医薬品化に不可欠な薬物送達システム(DDS)も開発中で、製造面にとどまらず幅広い技術を確立し、拡大する開発・製造の需要を取り込んでいく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

ライフイノベーションの最新記事もっと見る