- 中計3年目となる2018年度の事業環境をどうみていますか。

 「17年度は全体的に順調にきており、3月末の通期決算も目標近くに着地する見通し。多様な事業を展開しており、景気の変動に比較的強い企業グループに育ってきていると思う。半導体や輸送は堅調で、好調なパネルシステムは設計~施工まで手がけるのが強みだ」

 - 川上から川下まで事業展開するうえでの基本的な考え方ですね。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る