米サーモフィッシャーサイエンティフィックグループで電子顕微鏡事業を手掛ける日本エフイー・アイ(日本FEI、東京都品川区)は、クライオ電子顕微鏡の販売先を従来の研究機関に加えて製薬会社など民間企業に広げる。米国ではここ数年で採用先が公的研究機関からファイザーやノバルティスなど製薬大手に拡大しており、日本でも民間の導入機運が高まるとみて売り込みを強める。世界と同様に高シェアを握ることでライバルを突きはなす構えだ。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る