- 足元の事業環境をどうみていますか。

 「タイヤ用ゴムコンパウンドを中心に売り上げは順調だ。北米自動車販売のピークアウトなど自動車市場を不安視する報道も目にするが、現在のところ当社事業に直接的な影響を受けていない印象だ。しかし合成ゴムや樹脂などの材料費やエネルギーコスト、輸送費の高騰が利益面へのマイナス要因になっている」

 - 今期業績の評価は。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る