日機装と子会社の日機装技研は、流水殺菌向けに新型の深紫外線LED(発光ダイオード)モジュールを開発し、水銀ランプ代替を狙う。従来のモジュールを改良し、出力を2倍以上に高め、水銀ランプを用いた製品と同等の性能と製造コストを実現した。2019年第1・四半期中に販売を開始するとともに、自社で同モジュールを用いた水処理装置の開発を進め「日機装グループの強みを発揮できる事業」(日機装技研・松沢聡社長)に育成する。

開発した新型深紫外線LED流水殺菌モジュール

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る