日機装は、液化天然ガス(LNG)、液化石油ガス(LPG)などの輸送用いるクライオジェニックポンプ事業を強化する。このほど航空機部品工場が完成した宮崎工場の第2期として試験設備の設置を決定、続いて組み立て工場の建設を検討しており、来年以降の成長、拡大を見込む。2021年ごろには日米合わせた生産能力を現在の80億円から、140億~150億円に拡大する。今後は昨年買収したクライオジェニックインダストリーズ(CI)グループと連携し、LNGシフトが進む船舶・火力発電所向けの展開を強化する。

LNG燃料船高圧供給システム

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る