日油は自動車部品向け機能性ポリマーの市場開拓を強化する。防曇剤は、主力の自動車ヘッドランプ用途で外気の影響をより受けやすく曇りやすいLED(発光ダイオード)ランプ向けが増加しているほか、リアランプ用途も拡大。リアガラスやサンルーフの樹脂化を背景に耐擦傷性を持たせた防曇剤も戦列に加えた。摺動性改良剤では、次世代自動車の普及にともない車内の静粛性が要求されることから異音防止機能を付加したタイプを投入している。防曇剤と摺動性改良剤を中心とした自動車部品向け機能性ポリマーの販売計画として2019年に13年比1・8倍、22年に2倍増を目指す。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る