日立プラントサービスは再生医療に関わるサプライチェーン(SC)構築に向けた取り組みを進める。再生医療は根治治療が可能な治療法として今後急速な普及が期待されているが、現状では産業化には様々な課題が存在する。同社は細胞培養加工施設(CPF)だけでなく搬送・保管などSC全般に関する提案を行うとともに、標準化や人材育成でも貢献していく。行政、大学、関係企業との連携を強化して産業化を促進するプラットフォームを構築するとともに、CPF分野のトップコントラクターとしての地位を固めていく。続きは本紙で

日立が提案する細胞培養加工施設のイメージ図

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る