日立化成の丸山寿社長は、リチウムイオン2次電池(LiB)負極材の生産拠点を欧州に設ける構想を明らかにした。負極材トップメーカーである同社は茨城・勝田工場で増産を続けてきたが、電気自動車(EV)をはじめとするエコカー市場の拡大に対応するには海外生産が必用と判断した。欧州では韓国電池大手も増産投資を行うなど、LiB市場が急速に拡大している。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る