日立造船がデジタルマインドセット形成に向けて、ユニークな活動に取り組んでいる。野村総合研究所協力のもと、参加者のデジタルマインド醸成を目的としたワークショップを開催した。VR(仮想現実)デバイスやウエアラブルデバイス、3Dプリンタといった最先端のテクノロジーに直接触れながら、自社のデジタル化活動を推進するのが狙いだ。次世代通信システム「5G」の登場など大変革時代を迎える中、デジタル技術をより理解し、自社のビジネス・業務に活用していくことで、デジタル変革を主導していく。続きは本紙で

まず30分程度の座学研修からスタート

VRヘッドセットを身につけ360度見渡せるコンテンツの中に入り込むなど、体験ブースでは驚きの声が上がった

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る