日立造船は、メタネーション技術の実用化に向けた取り組みを急ぐ。同技術は、水素エネルギー社会実現のためのキーテクノロジーのひとつで、同社は水素とCO2からメタンを合成するメタン発生装置と、再生可能エネルギーを用いて水素を製造する水素発生装置を開発している。現在、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の2件の実証事業で試験を実施しており、さらに今後は2030年頃の実用化を目標に、装置のさらなる大型化を進めていく。続きは本紙で

INPEX長岡鉱場に設置されたメタネーション装置

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る