日立金属ネオマテリアルは、新たにアルミニウム/銅(Al/Cu)クラッド材を加工した車載用リチウムイオン電池(LiB)用端子を開発した。端子頭部がアルミ、脚部が銅で構成されたクラッド端子は、従来の負極端子を代替することでアルミバスバーとクラッド端子頭部のアルミ同士の溶接接合が可能。採用によりLiBの接続信頼性向上や組み立て工数削減に貢献する。軽量化を狙いにアルミバスバーの採用が進むなか、同社ではLiBモジュール重量の低減化技術として展開していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る