日精樹脂工業は、植物由来の生分解性プラスチックを利用した射出成形システムを、グローバル市場に投入する。ポリ乳酸(PLA)100%の薄物容器を成形加工できる新成形システムとして開発して以降、これまで国内中心の市場展開にとどまっていた。しかし近年、欧米でプラスチック容器の廃棄物に対する環境規制が強化されつつあり、国内より海外市場が先に立ち上がる可能性が出てきた。今春、欧州のスロバキアに販売現地法人を開設しており、同拠点を軸に欧州市場を開拓し、成長地域として事業拡大を狙う。続きは本紙で

PLAを用いた薄肉透明容器の実用化事例

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る